当wikiはドラプロ作戦室の保存用wikiです。何か問題があればドラプロカフェ(http://seesaawiki.jp/doragonprovidence/)へご連絡ください。

強くなったギルドを維持していくのは難しい環境ですね。

以下、私の見方とギルドの宣伝になります。


ギルマスの立場からみる

強いギルドであるほど、強い人がほしいですよね。

しかし案内所に行っても、なかなか強い人いません。

たまに強い人がいると思ったら、ただの短期傭兵希望だったり、スカウト競争負けたりで、思うようにはいきませんね。

新人を育てようにも、当たり外れが大きくて、しかも外れが多い(笑)

頑張って教育しても役に立つようにならないなら、その手間がもったいなく感じるのはもっともなことです。

だから、私が選別して送り出します。

新人の立場からみる

どこ選んでいいかわからないですよね。

だいたい外れです(笑)

あなたが望むようなギルドはありませんし、あったとしても、あなたは求められていません(爆)

コミュニケーションとるギルドは強く、とらないギルドは弱い傾向にあります。

強いギルドに行ったら目立てませんし、貢献してる気もしませんし、よっぽどチャットが面白くないとイヤになりますよ。

弱いギルドに行ったら目立つ機会は増えますし、貢献してる気もします。

しかし、周りの反応は激薄です。

つまんないですよ。

「じゃあ自分でギルド作る」ですか?

それもいいでしょう。

ただし、つぎのどれかに「Yes」と答えられる人だけです。

リアルでリーダーとして何かを成し遂げた経験がありますか?
どんなギルドにしたいのか、明確なビジョンはありますか?
優秀な補佐がいますか?
失敗から学び、自身の行動を何度も修正することができますか?

ぜんぶ「No」だった人は墓場をつくるだけになりますのでやめましょう。

私が、コミュニケーションがとれ、初心者でもほどよく目立てる・貢献できるギルドを用意しますから、入りましょう。
関連ページ

とあるギルドの総則および除名・卒業条件等
とあるギルドのスカウト条件とテンプレとパターン
とあるギルドの運営メンバーの心得
とあるギルドの傭兵行動指針
とあるギルドの設立・運営にあたって考えること
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます