当wikiはドラプロ作戦室の保存用wikiです。何か問題があればドラプロカフェ(http://seesaawiki.jp/doragonprovidence/)へご連絡ください。

ギルメンに伝えたい大事なこと 2016/05/02
※このページはドラアポ用に作ってそのままです。
この調子だと次は階級Sに上がり、かなり厳しい期間となる見込みです。味方前衛が気絶しまくりで何もできなくなる戦いなんてイヤですよね?
「勝ちたい」と思うのは大事ですが、目先の一戦の勝利を求めるのであれば、みなさんには厳しい要求をしなければならなくなります。
相手は「重課金」「参戦率7割超え」「ポーションがぶ飲み」「PC参戦」のような集団です。勝利を求めるのであれば、同等のハードルを越えなければなりません。
厳しいですよね?
私たちにできることは「戦いたくない相手」と思わせることです。そこが他ギルドとの戦力分散交渉のスタートラインです。
少数のギルドが強力すぎると、他ギルドのモチベーションが下がります。勝利を求めているのに、「どうやっても勝てる気がしない」という壁にぶつかったとき、続けられますか?
ひたすらに勝利を求めるのであれば、勝ち続けているギルドに移ることです。そして戦力の集中が進み、勝ちたいのに勝てないギルドは解散し、さらに戦力の集中が進む。
結果はこのゲームの過疎化です。(すでにけっこう過疎って見えますが。)
話を戻します。私たちにできることは「戦いたくない相手」と思わせることです。
どうするか?
それはバフ回しを徹底してデバフを刺しまくることです。ダメージ取りはいったん忘れ、相手の妨害を第一とすることです。
「P○○○○と戦うとポイントが稼げない」という状況、それはつまりP○○○○と戦った相手の相対的順位の下降を意味します。「勝ったけど順位が大きく下がった」という結果をくれてやりましょう。
長期的に見て、戦力分散交渉が進めば、階級Sで私たちは今まで通りの参戦スタイルでもぼちぼち勝てるようになります。
あらためて言います。
ダメージ取りはいったん忘れて、バフ回しを徹底して、デバフを刺しましょう。相手の妨害が第一です。
最恐デバフギルドとして、ゲーム内のバランスを調整してやりましょう。
関連ページ

バフ回し先読み

管理人/副管理人のみ編集できます